クラブツーリズム TOPテーマ旅行を探す音楽・芸術鑑賞の旅・ツアー音楽鑑賞の旅

  • 国内で楽しむ
  • 海外で楽しむ
  • 音楽鑑賞の旅
  • 合唱の旅
  • 日本語公演スケジュール

旅のコラムや音楽情報満載の ブログはこちら

【音楽鑑賞の旅とは】一流の音楽を楽しむこと、華やかな音楽祭を体験することなど、お客様のそれぞれのご要望にお応えできるよう、音楽の専門知識のあるスタッフが様々なラインナップをご用意しています。また、オペラ講座や音楽講座で知識を深めて旅に出かければ、一層の感動を味わえることでしょう!クラブツーリズムでは、専門知識・経験豊富な専属講師をお迎えし、講師同行ツアーも多数ご用意!ぜひクラブツーリズムで音楽鑑賞の旅へお出かけください。

専属講師のご紹介

旅の文化カレッジ講師 山本 直幸

【クラブツーリズム 音楽の旅】
旅の文化カレッジ講師 山本 直幸

ベルリン留学中6年間、オペラ・コンサート通いの日を送る。
特にヨーロッパの歴史や音楽・美術への造詣が深く、長年音楽旅行企画に携わり、ツアーにも同行し現地で案内役も務める。海外添乗・駐在日数は4,000日以上。音楽雑誌等に音楽旅行記事を多数寄稿。

最新 海外音楽情報

■来夏のザルツブルク音楽祭
来夏のザルツブルク音楽祭の詳細が発表された。期間は2018年7月20日〜8月30日、18の会場で206の公演が催される。オペラの新演出は5つで、モーツァルトの「魔笛」(C.カリーディス指揮、L.スタイアー演出、A.シャギムラトヴァ/M.ゲルネ出演、ウィーン・フィル演奏、7/27日から7公演、祝祭大劇場)、R.シュトラウスの「サロメ」(F.ヴェルザー・メスト指揮、R.カステルッチ演出、A.グリゴリアン主演、ウィーン・フィル演奏、7/28日から7公演、フェルゼンライトシューレ)、チャイコフスキーの「スペードの女王」(M.ヤンソンス指揮、H.ノイエンフェルス演出、E.ムラヴェワ主演、ウィーン・フィル演奏、8/5日から6公演、祝祭大劇場)、モンテヴェルディの「ポッペーアの戴冠」(W.クリスティ指揮、J.ロワース演出、レザール・フロリサン演奏、8/12日から6公演、モーツァルト劇場)、ヘンツェの「バッカスの巫女」(K.ナガノ指揮、K.ワリコフスキ演出、ウィーン・フィル演奏、8/16日から4公演、フェルゼンライトシューレ)。その他聖霊降臨祭音楽祭との共同制作で再演されるロッシーニの「アルジェのイタリア女」(J.C.スピノジ指揮、M.ライザー/P.コーリエ演出、C.バルトリ主演、アンサンブル・マテウス演奏、8/8日から5公演、モーツァルト劇場)、演奏会形式でビゼーの「真珠採り」(P.フルニリエール指揮、A.ガリフッリーナ/P.ドミンゴ出演、モーツァルテウム管演奏、8/23日、26日、祝祭大劇場)など。演奏会では、ホスト役のウィーン・フィルをA.ネルソンス、E.P.サロネン、R.ムーティ、H.ブロムシュテット、F.ヴェルザー・メストが指揮、客演オーケストラとして常連のベルリン・フィルを次期音楽監督ペトレンコが指揮し、ベルリン・フィル退任直後のラトルがロンドン交響楽団を指揮する。その他注目はT.クルレンツィス率いるアンサンブル・ムジカエテルナがベートーヴェンの交響曲全9曲を演奏する。リサイタルはA.ヴォロドス、E.キーシン、G.ソコロフ、D.トリフォノフ、A.シフ、M.ポリーニ、J.ワンなど、歌曲の夕べはJ.カウフマン、R.ビリャソン、C.カルク、M.ゲルネなどが名を連ねる。A.ネトレプコは夫エイヴァゾフとモーツァルテウム管の演奏でガラ・コンサートを催す。(11月)
■ムーティ、ウィーン国立歌劇場復帰
ムーティが12年ぶりにウィーン国立歌劇場に復帰することになった。そのきっかけとなったのが、昨年のウィーン国立歌劇場来日公演での指揮だったとのこと。ムーティはナポリのサン・カルロ劇場との共同制作「コシ・ファン・トゥッテ」を、まず2018年11月にナポリで、2020年5月にウィーンで指揮する。演出は実娘キアラ・ムーティが担当する。(更新月:11月)
■ドミンゴが「ドン・ジョヴァンニ」を指揮
「ドン・ジョヴァンニ」は、230年前の10月29日に、プラハのエステート劇場でモーツァルト自らの指揮で初演されたが、同日、同劇場で催された記念公演(演奏会形式)をドミンゴが指揮した。「ドン・ジョヴァンニ」は、「フィガロの結婚」の同劇場での大ヒット後に作曲を依頼され、プラハで完成させた作品。エステート劇場は、モーツァルト没後200年の1991年に当時の状態に復元されたモーツァルトゆかり劇場として知られる。(更新月:10月)
■ブレゲンツ音楽祭で追加公演
ブレゲンツ音楽祭で今夏大好評だった「カルメン」は、来夏も再演されるが、20万人以上の観客動員を目指すために2公演追加することになった。今夏は28公演すべてのチケットが完売し、194,000人動員していた。ブレゲンツ音楽祭は湖上の巨大な特設舞台で上演されるオペラが人気を博している。開催期間は2018年7月18日〜8月19日。(更新月:10月)
■ドレスデン・フィルの音楽監督にヤノフスキ
6月に音楽監督ザンデリンクが率いて来日したドレスデン・フィルの次期音楽監督に、2019/20年からM.ヤノフスキが就任することになった。ヤノフスキは2001年〜2003年に同ポストに就いていた。昨年はウィーン国立歌劇場来日公演で「ナクソス島のアリアドネ」を指揮、今夏はバイロイト音楽祭で「指輪」を指揮して話題になった。ドレスデン・フィルの拠点ドレスデン文化宮殿、老朽化したため大規模改築し、4月28日に近代的なコンサートホールとして再開した。(更新月:10月)
■チェコ・フィルの音楽監督にビシュコフ
今月来日して話題になったチェコ・フィルの音楽監督に、ロシア出身のアメリカ人指揮者S.ビシュコフが就任することになった。任期は2018/19シーズンより5年間。音楽監督ビエロフラーヴェクが5月に死去し、その後任が決まらなかったため、来日公演はチェコ人指揮者P.アルトリヒテルが代役を務めていた。(更新月:10月)

スタッフおすすめツアー

ウィーン楽友協会 ニューイヤーコンサート(イメージ)

(イメージ)

550,000円 〜 630,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年12月

[コース番号:21221]

カーニバル

(イメージ)

458,000円 〜 523,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年2月

[コース番号:21238]

リンカーンセンターでのバレエ・くるみ割人形鑑賞

(イメージ)

398,000円 〜 483,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年12月

[コース番号:21231]

ウィーン少年合唱団(C)ANTO+Lammerhuber

(イメージ)

358,000円 〜 433,000円

5泊7日(7日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年12月

[コース番号:21232]

すべてのツアーを見る

山本講師同行ツアー

ベルリン/フィルハーモニー

(イメージ)

398,000円 〜 463,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年1月

[コース番号:21205]

楽友協会ホール「黄金の間」

(イメージ)

398,000円 〜 588,000円

5泊7日(7日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年2月,4月

[コース番号:21206]

ベルリン/フィルハーモニー

(イメージ)

598,000円 〜 648,000円

5泊7日(7日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年12月

[コース番号:21204]

ルツェルン/カルチャーコングレスセンター

(イメージ)

498,000円 〜 553,000円

5泊7日(7日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年3月

[コース番号:21203]

すべてのツアーを見る

まだまだあります!音楽鑑賞ツアー

エステート劇場(イメージ)

(イメージ)

298,000円 〜 332,800円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年12月

[コース番号:16691]

リンカーンセンターでのバレエ・くるみ割人形鑑賞

(イメージ)

398,000円 〜 483,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 大阪

[出発月] 2017年12月

[コース番号:G3932]

すべてのツアーを見る

旅にエッセンス〜こだわりの旅〜

音楽鑑賞の旅 音楽・芸術鑑賞の旅・ツアーなら、クラブツーリズム!コンサート、オペラ、オーケストラ、イベントを国内を代表する劇場で鑑賞。お食事付プランやバスプランもご用意。

▲音楽鑑賞の旅 音楽・芸術鑑賞の旅・ツアーの先頭へ

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員