クラブツーリズム TOP「旅の友」Web版【東日本版】ツアー同行レポート 仲間と登るはじめての八ヶ岳

旅の友
ツアー同行レポートのバックナンバーはこちら旅写真を撮る 旅写真大募集

「旅の友」東日本版9月号に掲載。 ※中部・東海版、西日本版は、記事内容が異なります

旅の友web版9月号

「旅の友」Web版9月号
連載企画ツアー同行リポート 初心者歓迎!秋から始める登山教室 仲間と登るはじめての八ヶ岳

毎回テーマを定め、登山を楽しむ「シリーズ登山」。今回は約1年かけて基礎から登山を学んでいけると好評の「秋から始める登山教室」の第11回八ヶ岳登山の模様をお届けします。

1日目スタート! 根石岳山頂へ!

準備体操をしっかりしたら、標高約1900mの登山口「桜平」から、正午前にいざ出発!ゆるやかな林道から徐々に本格的な登山道へ。講師と添乗員がみなさんをサポートします。

景色を楽しみながら登っていきます講師の清水秀樹さんを先頭に和やかなスタート
高山植物を楽しみながら歩く田中ひとみさんと
心地よい木漏れ日が差す7月の八ヶ岳

全12回のシリーズのなかで過去最高の標高となった根石岳山頂。最後は急峻な岩場を登るため、合間合間で深呼吸の時間をはさみ、15時頃に無事登頂しました。

山頂に向け、ラストスパート
絶景をバックに記念撮影!
天狗岳や蓼科山、諏訪湖まで望める山頂

今回の旅のテーマは「はじめての山小屋宿泊」。旅仲間の半分以上が初の山小屋宿泊でしたが、施設・食事ともに充実したオーレン小屋でゆっくり過ごすことができました。

夕食を楽しむ田中ひとみさん(左)・浅野公予さん(右)
檜展望風呂個室に宿泊

2日目スタート! 硫黄岳山頂へ!

2日目の目標「硫黄岳」に向けて、朝6時に出発!霧が覆う天候だったため、1日目よりもさらにゆっくりと休憩を増やして進みました。

出発・到着時には必ず準備運動をします岩場でもリラックスした表情の旅仲間のみなさん道しるべのための積み石「ケルン」

1日目・根石岳よりも更に標高の高い約2760mに位置する硫黄岳山頂。雲がかかってしまいましたが、2日間の登頂をやり遂げたみなさんの表情は晴れやかでした。

山頂でのハイタッチ!思わず笑みがこぼれます硫黄岳山頂での記念撮影。「これまでの登山で最高峰です!」という方も

山頂を登り終えたら、いよいよ下山。登りよりも足の負担が増えるため、ストックなどを活用しゴールを目指します。

硫黄岳山頂付近の景色14時頃、無事下山!おつかれさまでした!

夏の八ヶ岳には、至るところにかわいらしい高山植物が咲いていました。バラエティー豊かな花々も、講師がしっかりと解説。なかには、「花を見ると疲れも吹き飛びます」との声も。大満足の花見登山となりました。

夏山を彩る高山植物

あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

初心者大歓迎!秋から始まる登山教室

このページの先頭へ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員