クラブツーリズム TOP国内旅行を探す北海道利尻島・礼文島旅行・ツアー登山・ハイキング・Q&A

利尻島・礼文島旅行・ツアー

  • 礼文島登山・ハイキング
  • 利尻島登山・ハイキング
  • 装備・レベルについて

礼文島 登山・ハイキング

桃岩〜知床

ルートMAP

海と山と花を一度に望む
礼文島で一番たくさんの花を見られるコース

初級 時間:150分
全長:5.7km
高低差:244m

桃岩展望台から島の南端・知床まで進むハイキングのハイライトコース。ため息が出るような天然の花畑の連続です。途中礼文島固有種のレブンキンバイソウ(見ごろ6月中旬〜7月中旬)の群落「キンバイの谷」も通ります。つばめ山までの急な階段をのぼるとあとはなだらかな下りです。左右に咲く花々と海の向こうに浮かぶ利尻富士の美しい景色にそれまでのハイキングの疲れも癒されます。

行程と所要時間

  • 桃岩入口 1km(35分)
  • レンジャーハウス【W/C休憩】0.2km(5分)
  • 桃岩展望台【リタイアポイント】1.5km(50分)
  • キンバイの谷 つばめ山1km(50分)
  • 元地灯台2km(40分)
  • 知床

桃岩展望台

ルートMAP

天然の花畑がお出迎え!
島らしい風景が広がります

ミニハイキング 時間:60分
全長:1.2km(往復2.4km)
高低差:100m

礼文島で一番手軽に散策することができながら、多種多様の花々を観察できる散策コース。桃岩展望台からは桃岩・猫岩・利尻富士も堪能できるスポットです。気軽に花散策へ!

行程と所要時間

  • 桃岩入口 1km(35分)
  • レンジャーハウス【W/C休憩】0.2km(5分)
  • 桃岩展望台【リタイアポイント】1.5km
  • 来た道を引き返して桃岩入口へ
    ※往復ルートのため、途中で引き返すことも可能です

礼文林道

ルートMAP

礼文林道
星の丘

入門 時間:240分
全長:8km
高低差:100m

見晴らしの良い月の丘、星の丘を越えながらゴールの香深井までハイキング。数多くの高山植物が道の両端に咲いています。途中、丘一面に咲く輝く白いいのち「レブンウスユキソウ群生地」も通ります。長い道のりですが花一輪一輪、島風景との出会いが待っています。

イメージ

レブンウスユキソウ群生地
開花時期:6月下旬〜8月上旬
白色の葉に雪が積もったような姿をしていることから「ウスユキソウ」と名づけられ、礼文町の町花にも選ばれている「レブンウスユキソウ」(見ごろ6月下旬〜8月上旬)。
まるで星空が降ってきたかのように丘一面に咲き誇るレブンウスユキソウ群生地までを往復します。

行程と所要時間

  • 林道口1.7km(50分)
  • レブンウスユキソウ群生地【W/C休憩・リタイアポイント】1.5km(30分)
  • 礼文滝入口4.8km(100分)
  • 香深井側入口
  • ※レブンウスユキソウ群生地の往復コースは林道口からレブンウスユキソウ群生地の往復となります
    ※花の開花状況に合わせてルートが若干変更となる場合がございます

礼文西海岸江戸屋山道〜ゴロタ岬〜スコトン岬

ルートMAP

歩いてしか行けない絶景へ!
ゴールのスコトン岬

入門 時間:180分
全長:7.5km
高低差:179m

礼文島のシーサイドフラワーロード・西海岸を歩きます。スタートは花の名所江戸屋山道。ゴロタ岬頂上までの道は左手に高山植物、右手に花々と海のコントラストが広がります。ゴロタ岬頂上から眺める景色は、花と海と島と空が織り成す心しびれる絶景で、礼文島のとっておきの場所です。

利尻島登山・ハイキング

ルートMAP

イメージ
イメージ

登山 時間:11時間
全長:13km
高低差:1,510m

さいはてにそびえる利尻山の山頂を目指します。早朝から丸一日かけての長丁場の登山となりますが、利尻島内に連泊する行程でゆとりを持って挑みます。天気の良い日を選んで登山をする予備日付きのコースもあり、長年クラブツーリズムのツアーに同行している北海道在住の登山ガイド同行で、足場の悪い登山道などしっかりと皆様をサポートさせていただきます。さぁ!今年はぜひあの利尻山へ!!

※画像はすべてイメージです

装備・レベルについて

レベルと特徴

レベル 特徴 歩行時間
ミニハイキング スニーカーでもOK。標高差100m未満の平坦な道歩き。 2時間以内
入門 初めて「野山」を歩く方向き。標高差100m未満のほぼ平坦な道歩き。 3時間以内
初級 本格ハイクへのステップアップに!標高差100m以上のややアップダウンのある道歩き。 2〜5時間程度
中級 軽い登山も含む本格的なハイキング。アップダウンのある道歩き。 5時間以上

服装・装備

■ウォーキング 服装について
屋外で動きやすい服装であれば、ほとんどのコースが普段着・スニーカーでもご参加いただけます。ご参加されるコースの内容に応じてご準備ください。
■ハイキング・登山 服装について
イメージ
  • ハイキングの服装について

    クリックで拡大・印刷できます

  • 登山の服装について

    クリックで拡大・印刷できます

よくあるご質問

利尻島・礼文島のベストシーズンはいつですか?
7月〜8月頃となります。ただし、それ以外のシーズンも高山植物をお楽しみ頂けます。
その季節にしか見ることのできない、花や植物などもございますのでシーズンごとに楽しみ方が変わってきます。
6月〜10月の気温を教えてください
  • ★6月の気温→初夏を迎える頃です。平均の気温は13度〜15度
  • ★7月の気温→利尻山の山開きで本格的な登山シーズンへ。平均の気温は17〜18度
  • ★8月の気温→利尻島の夏が終わる時期です。中旬になると気温が低くなって、秋がやってきます。平均の気温は20〜21度
  • ★9月の気温→爽快で過ごしやすい気候です。平均の気温は17〜18度
  • ★10月の気温→上旬には、利尻山の初冠雪が見られる時期へ。下旬には利尻島に雪が舞う冬が来ます。平均の気温は12〜13度
服装はどうすればいいですか?
  • ★6月・9月の服装→長袖長ズボンが基本です。日中でもシャツやブラウスでの観光をお勧めします。朝晩は冷え込むこともあるので、予備としては薄手で羽織るものがあるといいと思います。
  • ★7月・8月の服装→半そで半ズボン等の夏服で大丈夫です。ただし、標高が高い場所や森等への観光に行く予定のある方は、薄手のTシャツに長ズボン等がお勧めです。
どの季節でも花は見れますか。
夏の季節は花や高山植物などご覧頂けます。季節ごとに違う花々が咲きます。

利尻島・礼文島の登山・ハイキング・Q&Aのご案内ならクラブツーリズム!添乗員付きならしっかりサポート!姫沼、オタトマリ沼、ポン山、礼文林道といった利尻島・礼文島の観光スポットをめぐるおすすめツアーや、季節の花・おすすめの食などの情報をご紹介。ツアーの検索・お申し込みも簡単です。

▲利尻島・礼文島旅行・ツアー 登山・ハイキング・Q&Aの先頭へ

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員