クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパトルコ旅行・ツアー・観光観光地情報

  • トルコ安全管理のための5項目はこちら
  • トルコ専門スタッフブログ

トルコ観光地情報

※観光地をクリックすると詳細情報をご覧いただけます。

  • エフェソス
  • エディルネ/セリミエモスク
  • イスタンブール
  • サフランボル
  • ハットウシャシュ
  • クサントス・レトゥーン
  • パムッカレ
  • アンタルヤ
  • コンヤ
  • カッパドキア
  • ネムルート

このページの先頭へ

イスタンブール 〜ISTANBUL〜 アジアとヨーロッパを繋ぐ街

東西文明の十字路・イスタンブールはトルコの文化の中心地です。流れるアザーン、そびえ立つブルーモスクのミナレット、たくさんの人で賑わうグランドバザール、アジアとヨーロッパをつなぐボスポラス大橋、のんびり釣りを楽しむガラタ橋の釣り人・・・どこをみてもエキゾチックな光景を楽しんでいただけます。

イスタンブール

イメージ
ブルーモスク(イメージ)

イメージ
アヤソフィア(イメージ)

イメージ
ガラタ橋(イメージ)

イスタンブールについて詳細はこちら

この観光地へ行くツアーはこちら

〜イスタンブール 近郊の世界遺産〜

エディルネ
イメージ
セリミエモスク(イメージ)
ギリシャとの国境の街、エディルネには世界遺産でもある荘厳なセリミエ・モスクが鎮座します。トルコを代表する建築家、ミーマール・スィナンの最高傑作で、内部の巨大なドームとそこに施された美しい装飾は圧巻です。
この観光地へ行くツアーはこちら
ブルサ
イメージ
ウルモスク(イメージ)
ブルサは無形文化遺産のカラギョズ(影絵芝居)とウル山麓に広がる、緑が美しい街です。オスマン帝国時代には首都が置かれ、2014年に世界遺産にも登録されました。
この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

カッパドキア 〜CAPPADOCIA〜 不思議石の世界

カッパドキア

イメージ
(イメージ)

トルコ中央部に広がるカッパドキア。度重なる火山の噴火と長い間の風雨の浸食によって出来た奇岩群が不思議な光景を作り出しています。ラクダやキノコの形をした岩をいたるところで見ることができます。早朝はオプショナルツアーの気球遊覧に参加すれば、上空から間近に迫る奇岩をお楽しみいただけます。ゆっくりホテルから気球が昇るのを眺めるのもいいですね。ほかの観光地とは一味違ったトルコをお楽しみいただけます。
※ハイキングは3月中旬〜10月中旬までです。

この観光地へ行くツアーはこちら

ギョレメ野外博物館
イメージ
ギョレメ野外博物館(イメージ)
ギョレメとは「見てはならないもの」という意味です。この博物館には迫害から逃れてきたキリスト教徒の作った洞窟教会が残り、内部では美しいフレスコ画を見ることができます。修道院システムの始まりだという説もあります。
この観光地へ行くツアーはこちら
地下都市 カイマクル
イメージ
地下都市カイマクル(イメージ)
カッパドキアにはいくつかの地下都市が迷路のように広がっています。井戸やキッチン、礼拝堂、学校の教室だった場所などを見学し、当時の生活に想いを馳せます。地下8階までありますが、現在4階までご覧いただけます。
この観光地へ行くツアーはこちら

洞窟ホテル

このページの先頭へ

エーゲ海地方 〜Aegean Region〜 世界遺産、自然、古代ギリシャ遺跡が豊富なエリア

パムッカレ
「綿の城」という意味を持つパムッカレは、石灰棚の青と白のコントラストが息をのむほど美しい世界遺産です。地中から流れ出た石灰分が、長い時間を経て真っ白い棚田のような芸術的な景観を生み出しています。
この観光地へ行くツアーはこちら
エフェソス
2015年に新たに世界遺産に登録された、エーゲ海地方最大の遺跡です。紀元前11世紀のイオニア人の遺跡で、貿易により栄えていたといわれています。保存状態のよい劇場やケルスス図書館、公衆トイレ、神殿跡などが当時の生活を伝えます。
この観光地へ行くツアーはこちら
トロイ
イメージ
トロイ(イメージ)
神話で有名なトロイの木馬伝説を元に、ドイツの考古学者シュリーマンが情熱と財産の全てをかけて発掘した遺跡。今なお発掘が続いています。出入り口付近にあるトロイの木馬の複製は中に入ることができるので、ぜひ写真を撮ってみては?
この観光地へ行くツアーはこちら
ベルガマ
イメージ
アクロポリス(イメージ)
かつてのペルガモン王国の都市遺構。アスクレピオンという当時の総合医療施設が残ります。「聖なる道」と呼ばれるトンネルを抜けた先には再生のシンボルだった蛇が彫られた石柱があります。
この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

中央アナトリア 〜Central Anatolia〜 紀元前遺跡からイスラム教を深く感じる「メブラーナ」の出身地コンヤへ

コンヤ

セルジューク朝のかつての首都であったコンヤは、宗教色が強く、イスラム神秘主義の一派であるメヴレヴィー教団の発祥地でもあります。メブラーナ博物館では、お祈りのための絨毯や楽器、コーランなどメブラーナ教にまつわる品々が収められています。また、コンヤ郊外にある遺跡・チャタルホユックは紀元前8000年の新石器時代の集落跡で2012年に世界遺産に登録されました。世界で最も古い集落のうちのひとつと言われています。

この観光地へ行くツアーはこちら

イメージ
メブラーナ博物館(イメージ)

イメージ
チャタルホユク(イメージ)

イメージ
コンヤ/メブラーナ博物館(イメージ)

このページの先頭へ

黒海内部地方 〜Black Sea Region〜 紀元前から残る世界遺産の遺跡とかわいい街散策

ハットゥシャシュ
イメージ
ハットゥシャシュ(イメージ)
ハットゥシャシュ遺跡は紀元前18〜13世紀頃に栄えたヒッタイト人の都市遺構です。大神殿や大城塞、ライオンの門やスフィンクスの門など、太古の遺跡の数々をご覧いただき、鉄器文化生み出した彼らの生活を思い起こしていきます。
この観光地へ行くツアーはこちら
サフランボル
イメージ
サフランボル(イメージ)
オスマン帝国時代の古い町並みが屋並ぶサフランボルは、香辛料サフランの名前の由来の町で、トルコ伝統菓子ロクムで有名な歴史ある古都です。白壁に赤茶色の屋根がかわいらしい景色を作り出しています。
この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

南トルコ(地中海沿岸地方) 〜Southern Turkey〜 ヨーロッパからの観光客に大人気のリゾート地!美しい海と遺産観光を満喫

アンタルヤ

南トルコ最大の都市・アンタルヤは地中海に臨む、トルコ有数のリゾート地です。キラキラ輝く海を眺めながらの市内観光にもご案内いたします。また、カシュ近郊に眠る、クサントス遺跡は世界初の共和制国家であった古代リキヤの首都で、ビザンツ帝国時代のキリスト教会跡が残ります。クサントス遺跡と共に世界遺産に登録されているレトゥーン遺跡の名称の由来はギリシア神話の女神レトで、古代リキア時代の聖域であったといわれています。

この観光地へ行くツアーはこちら

イメージ
アンタルヤ(イメージ)

イメージ
アンタルヤ、1日クルーズ(イメージ)

イメージ
クサントス(イメージ)

このページの先頭へ

東トルコ(東アナトリア地方)〜East Turkey〜 雄大な自然が広がり、旧約聖書の舞台。歴史感じる見どころが満載!

ネムルート

トルコの東部・南東部にも多くの遺跡が眠っています。観光の目玉といえばネムルート山です。その頂は台座を転げ落ちた石像の頭部が並び、不思議な光景をつくりあげています。日の出に照らされ刻々とその表情を変えていく石像群は非常に神秘的で一瞬たりとも見逃せません。
また、巨大なヴァン湖と珍しいオッドアイのヴァン猫の町・ヴァンや雄大なアララット山麓の町・ドゥバヤズット、アニ遺跡とアルメニアに接する国境の町・カルス、東部最大の都市・エルズルムなどがあり、西トルコとは趣の異なるトルコを発見していただけます。

この観光地へ行くツアーはこちら

イメージ
ネムルート(イメージ)

イスハク・パシャ宮殿
イメージ
(イメージ)
アララト山
イメージ
(イメージ)
ヴァン湖のアルメニア教会
イメージ
(イメージ)

トルコ旅行・ツアー・観光の観光地情報なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。トロイ、イスタンブール、カッパドキアなどの観光地や、おすすめのトルコ旅行(ツアー)をご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲トルコ旅行・ツアー 観光地情報の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員