クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパトルコ旅行・ツアー・観光よくあるご質問

  • トルコ安全管理のための5項目はこちら
  • トルコ専門スタッフブログ

よくあるご質問

Q.トルコの気候・服装を教えてください。

「トルコ周遊ツアーに行くなら、日本一周する服装を!」と言われることもあります。トルコは横に長い国で、東部は標高が高いです。イスタンブールは、1年を通じほとんど東京と同じ服装でも問題ありません。
奇岩群の有名なカッパドキアは、夏は日差しが強くあたたかで、冬は気温がぐっとさがります。トルコ西部のエーゲ海地方、遺跡の有名なエフェソスでは、夏は40℃近くになることもあります。特に夏は、昼夜の寒暖差が激しいので薄手の上着は必須です。基本的に脱ぎ着のしやすい「重ね着」で対応できるような服装をご用意ください。

イメージ

このページの先頭へ

Q.現地通貨のトルコリラへの両替はいつどこですれば良いのですか?

イメージ

現地通貨のトルコリラへは事前に成田空港や銀行で両替して頂きましても結構ですが、クラブツーリズムの旅では全コース共通してトルコ現地の空港でお時間をお取りしてご案内致しますのでご安心ください。
日本円からの両替が可能です。

目安の金額はおひとりさま一日2,000円〜3,000円です。
例)おひとりさま2,000円×8日間ツアー=16,000円分くらい両替

このページの先頭へ

Q.トルコの旅行はバス移動がとても長いと聞いて不安です。ツアー中の飛行機やバスの移動時間はどのくらいですか?

イメージ

イメージ

成田空港からトルコまでは直行便と乗継便2つの方法がございます。
ターキッシュエアラインズ直行便では約12時間の移動となり、乗継便ですと乗継空港まで約10〜12時間ほど、さらに乗継地からトルコまで4〜5時間ほどかかります。

トルコ国内での都市間の移動は基本的にバス移動となります。
主要都市間の移動時間は下記をご参照ください。
・イスタンブール〜トロイ:約6時間(途中、バスごとフェリーに乗ります)
・エフェソス〜パムッカレ:約3時間
・パムッカレ〜コンヤ:約6時間
・コンヤ〜アンタルヤ:約5時間
・コンヤ〜カッパドキア:約3時間
・アンタルヤ〜パムッカレ:約7時間30分
おおよそ1時間半〜2時間でお手洗い休憩を挟みながらバス移動します。長い移動を少しでも楽にしたい。そんな気持ちからクラブツーリズムのトルコツアーでは下記の2点にこだわっています。

(1)国内線の移動

トルコ国内でも特に距離が長いのがカッパドキア〜イスタンブール間の移動です。国内線で移動することで9時間半の移動時間を約1時間半に短縮してご案内するコースを続々増やしています。
ツアーによりますがイスタンブール〜イズミール間も国内線を利用する「国内線2回利用」のコースもございます。この取り組みによりお身体もぐっと楽になります。

(2)トイレ付きゆとりバス・VIPバス利用

長いバス移動を少しでも快適にしていただきたいという気持ちから、ほとんどのコースでゆとりバス、あるいはVIPバスというバスをご用意しております。
背もたれから前の座席までの感覚が約100cmのゆとりのあるバス席となっており、トイレも付いているので安心です。(お客様の安全確保のためバス走行中は基本的に緊急時のみの利用となります)
コースによりどのようなバスが何日目から何日目まで付くかという点が異なりますので、コースごとにお調べください。

国内線とゆとりバスでトルコ旅行も無理なくたっぷり楽しんでいただけるようにツアーを企画し、皆様をお持ちしています。

このページの先頭へ

Q.トルコツアーは歩くことが多いですか?

イメージ

イメージ

1.イスタンブール

主要な観光地のある旧市街はバスで入れない所もありますので、バスを下車し、徒歩観光でお写真を撮りながら1時間〜2時間程度観光することもあります。イスタンブールは1つ1つの観光箇所が近いため、一度に複数の建物を歩いて回ることもあります。

2.カッパドキア

観光にはカイマクル地下都市の観光がございます。歩く距離は長くありませんが、一部天井が低いため、身をかがめて進む所があります。
夏〜秋の時期は特別にカッパドキアの奇岩群の間を歩くミニウォーキングを実施しています。およそ40分間、多少起伏のある道を歩きます。普通の運動靴であれば全く問題ございません。

3.エフェソスとトロイ

遺跡内を歩いて見学します。およそ1時間の徒歩観光です。遺跡内は多少の坂道や段差がございます。

4.パムッカレ

下車後、ヒエラポリスと呼ばれる遺跡群を見ながら、有名な石灰棚まで少し歩きます。石灰棚では自由時間となりますので、ゆっくりと座って足湯を楽しまれる方が多いです。

主要な観光地についてご案内しましたが、基本的に全ての観光地はガイドの案内を聞きながらの、ゆっくりとした徒歩観光になります。自由時間は座ってお休みいただくことも可能ですし、ご心配な方はバス車内や休める所でお待ちいただくことも可能です。
現地ガイドの他に添乗員も同行し、皆様を2名体制でサポートいたしますので、安心してご参加ください。
それでもご心配な方や、普段から杖を使われている方は、事前にスタッフまでご相談ください。

このページの先頭へ

Q.カッパドキアの洞窟ホテルってどんなところですか?

イメージ
(イメージ)

イメージ
(イメージ)

洞窟ホテルとは奇岩・岩山やその斜面を利用して建築されたホテルを指します。
世界遺産の中に宿泊する貴重な体験です!洞窟とは言っても設備は整っており、水道からお湯も出ますし、ドライヤーや電化製品を使用することも出来ます。冬場の寒さが厳しいカッパドキアですが、室内は暖房によって暖く保たれています。
いつもと違った雰囲気のホテルで素敵なカッパドキア滞在をお楽しみください!

(※洞窟ホテルは同ホテルの増築されたお部屋も含みます。その性質上、部屋ごとに広さ、設備、雰囲気、景観等が異なります。また小規模なホテルが多いため分宿となる場合があります。)

このページの先頭へ

Q.モスクに入る時のマナーや服装はどうしたらいいですか?

イメージ

政教分離の国ではありますが、トルコの国教はイスラーム教です。
モスク観光時は最低限のマナーを守る必要があります。例えば、モスク内で真剣にお祈りをしている方に、カメラを向けてはいけません。夏場は薄着になりがちですが、女性は、肌の露出が少ない服装と、髪を隠すスカーフをご持参ください。男性のお客様も肩の出る上着、膝まで出る短いズボンは避けてください。

(※男女とも無料の貸出もあります)

このページの先頭へ

Q.お水は安全ですか?

イメージ

水道水は綺麗ですが、硬水になりますので、基本的に避けた方が無難です。
ミネラルウォーターは様々な場所で、日本円で言えば1本約100円程度で買うことが出来ます。ほとんどのコースでは、トルコ滞在中におひとりさま1日1本ミネラルウォーターをお配りしていますので、ご安心ください。「お水で困る」といったことはほとんどございません。

このページの先頭へ

Q.トルコのお風呂「ハマム」とはどういったものですか?

イメージ

トルコ人はきれい好きです。街のいたるところに「ハマム」と呼ばれる、お風呂屋さんがあります。ハマムとは、日本で言うスチームサウナのような場所です。
汗をたっぷりかいた後は、ケセジと呼ばれるあかすり師が、あかすりの他、マッサージやたっぷりの泡で体を洗ってくれます。

トルコではほとんどのホテルにもハマムがついていますので、ツアー中行くこともできます。ハマムに入る場合は、水着をご用意ください。
※マッサージの内容によって料金が変わります。
※ケセジ(あかすり師)は必ずしも同性が来る訳ではないので、予めご承知おき、その都度ご確認ください。

このページの先頭へ

Q.おすすめのお土産はありますか?

トルコの有名なお土産を紹介します

イメージ
ナザールボンジュ(イメージ)

ナザール・ボンジュ

トルコの定番のお土産で大きな目玉の魔除けとして現地でも愛されています。
壁に掛けて飾ったり、ストラップとしてカバンや携帯電話に付けたりと用途も様々。
ご家族、ご友人に渡すトルコのお土産の人気ナンバーワンです!

イメージ
絨毯(イメージ)

絨毯

トルコと言えばやはり絨毯。お値段や大きさ、縫いの細かさも様々です。
ツアー中にお店で実際に絨毯を作っているところを見られるかも知れません!
トルコ旅行にぴったりの絨毯。あなたもお気に入りの1枚を探してみてはいかがでしょうか。

イメージ
チャイグラス(イメージ)

イメージ
チャイ(イメージ)

チャイとチャイグラス

お茶と言えばトルコでは「チャイ」が親しまれています。
現地にはこのチャイを飲むためのカフェ「チャイハネ」もありますが、この美味しいチャイをお土産にする方が多いです。普通のチャイも人気ですが、リンゴのチャイもほのかなリンゴの甘みがありおすすめです。
写真のようなチャイ専用グラスとセットでお求めいただくと、美味しさが増すかもしれません。

イメージ
トルコ皿(イメージ)

お皿やお茶碗などの食器類

女性に人気のお土産です。トルコらしいチューリップなどの柄がオススメです。かわいらしいデザインも多く、種類も豊富です。グランドバザールやエジプシャンバザール、観光地にある小さなお土産店などでもお探しいただけます。
ご帰国後の料理が楽しくなるお土産です。

ラク

葡萄から作られたトルコのちょっと変わったお酒です。
無色透明ですが、水を加えると非水溶成分が析出して白濁するのが特徴で、その様子からトルコ語でアスラン・スュテュ(「獅子の乳」の意)と呼ばれます。
アルコール度数は45パーセント〜50パーセントで、前菜と一緒に食前酒として飲まれます。
トルコのお酒好きが愛するお酒。どんな味がするか是非試してみてください!

ロクム

日本で言えば牛皮やゆべしのようなモチモチした食感が特徴の人気のお菓子です。
薔薇やピスタチオ、アーモンドなどを練りこんで作っており、甘さも控えめなので老若男女幅広い年齢の方から支持を受ける代表的な食品土産です。

トルコ旅行・ツアー・観光のよくあるご質問なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。トロイ、イスタンブール、カッパドキアなどの観光地や、おすすめのトルコ旅行(ツアー)をご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲トルコ旅行・ツアー よくあるご質問の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員