クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパスイス旅行・ツアー・観光四季の魅力 アルプスの花々

四季の魅力

大自然の宝庫スイスは四季折々、様々な表情で見せてくれるでしょう。ただ、一番のピークシーズンは6月下旬から7月中旬です。高山植物が咲き乱れ、ハイキングコースが開通するのもこの時期になります。

春

  • ブオノス©swiss-image
    ブオノス©swiss-image
  • ナルシス©swiss-image
    ナルシス©swiss-image

スイスに春が訪れるのは4月ごろ。緑の牧草地にタンポポなど、春の訪れを知らせる花々が一面に咲き誇ります。澄んだ空気の青空にそびえるアルプスの山々や、純白の氷河は、春だけのとっておきです。
また、5月に限られた場所でしか咲かない花、ナルシスが咲くのもこの時期です。

夏

  • ハイキング©swiss-image
    ハイキング©swiss-image
  • アイガーとユングフラウ鉄道(イメージ)
    アイガーとユングフラウ鉄道
    (イメージ)

観光のベストシーズンはいつか?と尋ねられれば、それはやはり夏です。牧草地では、牛やヤギなどの放牧も始まり、アルプスの山々が活気にあふれる季節です。
例年、6月下旬にはハイキングルート上の雪解けも進み、ハイキングを楽しむには一番のシーズン。爽やかな夏の時期は世界中から観光客が訪れます。

秋

  • 逆さマッターホルン©KEI
    逆さマッターホルン©KEI
  • レマン湖©swiss-image
    レマン湖©swiss-image

スイスの秋は9月にやってきます。日本と同様、木々が黄葉に染まり、青空、雪に覆われた名峰とのコントラストが美しく輝く季節です。一般的に秋になると降水量も減り、アルプスを望む確率が高くなると言われています。
観光客も夏に比べると少なくなり、混雑を避けてゆったり過ごしたい方には、お勧めの季節です。

冬

  • チューリッヒのクリスマスマーケット(イメージ)
    チューリッヒのクリスマスマーケット(イメージ)
  • 冬の風景©swiss-image
    冬の風景©swiss-image

日本ではあまり知られていませんが、スイスの冬は夏以上に観光客で活気を見せるシーズンです。ヨーロッパ中からスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ人で溢れます。また、都市部では11月下旬からクリスマス・アドヴェントという期間に入りクリスマスマーケットが街に彩りを添えます。山だけではないスイスの魅力もぜひお楽しみください。

このページの先頭へ

四季を味わうイベント

マウンテンフェスティバル

  • マウンテンフェスティバル©swiss-image
    マウンテンフェスティバル©swiss-image

山上の雪が溶けて高山植物が次々と咲き始める6月、アイガー・メンヒ・ユングフラウの名峰を背景に開催される伝統のアルプス祭り「マウンテン・スプリング・フェスティバル」は春だけのとっておき。民族衣装でのダンス、アルプホルンやヨーデルの演奏、旗回しの妙技もご覧いただけます。

牧下り

  • 牧下り©KANA
    牧下り©KANA

秋の訪れを告げるスイスの風物詩。 夏の間に山の上で放牧した牛やヤギたちが、一斉に麓の村へ下りて来る際のお祭りです。山小屋で作ったチーズを持って牛やヤギたちは可愛らしい花飾りを、牧夫たちは伝統的な衣装で着飾ります。スイスの原風景ともいえる牧歌的な様子をご覧いただくことができるイベントです。

このページの先頭へ

アルプスの花々

スイス三大名花

  • アルペンローゼ
    アルペンローゼ©Kaori
    アルペンローゼ©Kaori
    属名:ツツジ属
    見頃:6〜7月頃
  • エーデルワイス
    エーデルワイス©KEI
    エーデルワイス©KEI
    属名:ウスユキソウ属
    見頃:7〜9月頃
  • エンツィアン
    エンツィアン©KEI
    エンツィアン©KEI
    属名:リンドウ属
    見頃:5〜7月頃

このページの先頭へ

お花の見頃

【花の種類】アルペンローゼ エーデルワイス エンツィアン イワカガミダマシ 西洋キンバイソウ コケマンテマ シラタマソウ ハルリンドウ フリューリングスクロクス ナルシス ゼラニウム チューリップ ワタスゲ

※開花時期は気候によって前後する場合がございます。目安としてご覧ください。

このページの先頭へ

スイスの山で見られる花々

  • イワカガミダマシ
    イワカガミダマシ©Kaori
    イワカガミダマシ©Kaori
    属名:サクラソウ科 イワカガミ属
    見頃:5〜7月頃
  • 西洋キンバイソウ
    西洋キンバイソウ©KEI
    西洋キンバイソウ©KEI
    属名:キンポウゲ科 キンバイソウ属
    見頃:5〜7月頃
  • コケマンテマ
    コケマンテマ©KEI
    コケマンテマ©KEI
    属名:ナデシコ科 マンテマ属
    見頃:6〜8月頃
  • シラタマソウ
    シラタマソウ©Kaori
    シラタマソウ©Kaori
    属名:ナデシコ科 マンテマ属
    見頃:5〜7月頃
  • ハルリンドウ
    ハルリンドウ©KEI
    ハルリンドウ©KEI
    属名:リンドウ属
    見頃:5〜6月頃
  • フリューリングスクロックス
    フリューリングスクロックス©KEI
    フリューリングスクロックス©KEI
    属名:アヤメ属
    見頃:3月末〜6月上旬頃

ヴェンゲン在住ガイドより

一面白銀の世界の厚い雪の下で越冬した高山植物。
雪どけとともに、早くもその季節が始まります。4〜5月のクロッカスやプリムラ、オキナグサ、春一番、生まれたての可憐な花々が顔をだします。
そしてスミレ、キンポウゲ、マンテマ、イワカガミダマシ、フウロソウなど、数えきれないくらいの色とりどりな高山植物たちが、次から次へとアルプス野を覆い、短い夏を謳歌します。それはおそらくみなさまの想像以上。雄大な山々に囲れ、凛と咲き誇る高山植物を丁寧に観察しながら澄み渡る空気の中、ぜひご一緒にハイキングにいきましょう。このスイス・アルプスの大自然をみなさまに体験していただくのが私の喜びです。

ヴェンゲン在住ガイド 多田カオリ

このページの先頭へ

6月〜7月中旬 花を楽しむ ハイキング・トレッキングツアー

絶景の旅にご案内・ユングフラウ鉄道(C)swiss-image.ch

(イメージ)

398,000円 〜 678,000円

8泊10日(10日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2017年5月,6月,7月,8月,9月,10月

[コース番号:16050]

グランジョラスをバックに

(イメージ)

578,000円 〜 650,000円

9泊11日(11日間)宿泊

[出発地] 東京,大阪,名古屋

[出発月] 2017年7月,8月,9月

[コース番号:26784]

このページの先頭へ

フラワーイベント・山や街を彩る花々

  • ナルシス

    ナルシス©レマン湖観光局

    「5月の雪」と言われるナルシスは、5〜6月頃にかけて主にレマン湖地方に見られる白い花です。属名は水仙の一種で、一面に咲き誇る花は古来より伝説の花と呼ばれ多くの人々に愛されてきました。

  • モルジュのチューリップ祭

    モルジュ・チューリップ祭©モルジュ観光局

    スイスの西側に位置するレマン湖。その湖畔沿いの町として『レマン湖の花(Fleur du Leman)』と呼ばれるモルジュは、毎年4〜5月にかけてチューリップフェスティバルが開催されます。10〜20万本の色とりどりのチューリップが公園に咲き誇り、世界中のお客様が見に訪れます。お天気が良ければレマン湖からはヨーロッパ最高峰のモンブランの頂もご覧になれます。

  • ゼラニウム

    ゼラニウム©KEI

    窓辺から顔をのぞかせるように見る者の目を楽しませてくれるゼラニウムは、赤やピンクといった挿し色でスイスの風景には欠かせないお花の1つです。町全体の景観を統一するためにも使われ、春〜秋と長いシーズン楽しませてくれます。

  • ワタスゲ

    ワタスゲ©KEI

    ふわふわした様子はまるで雪のように水辺に群生しています。運が良ければ山をバックにした写真を収めることが出来るかも?!

このページの先頭へ

▲スイス旅行・ツアー・観光 四季の魅力 アルプスの花々の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員