クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパスイス旅行・ツアー・観光旅日記

旅日記

コース番号16050:決定版!スイス周遊プラチナルート10日間

2014年7月に、「コース番号16050:決定版!スイス周遊プラチナルート10日間」に、添乗員としてお客様に同行して参りましたので、その時の様子を報告させていただきます!
名峰のマッターホルンやユングフラウ、モンブランなどの観光はもちろん、6つの絶景列車にも乗車するほか、レマン湖のほとりのローザンヌに宿泊したり、チーズで有名なグリュイエールでご昼食をとったりと、10日間でスイスの魅力を余すところなく満喫できる決定版コースです。実際にご旅行に行かれたつもりでご覧ください♪

イメージ
担当:別所

1日目空路、スイスへ!

スイスインターナショナルエアラインズ往復直行便で、スイスのチューリッヒまでひとっ飛び!面倒な乗継がなく、約12時間のフライトをごゆっくりお過ごしいただきます。
チューリッヒ到着後、本日の宿泊地、サンモリッツヘ。
明日からの観光に備え、ホテルにてごゆっくりお過ごしください。

イメージ
(イメージ)

このページの先頭へ

2日目ベルニナアルプス観光

ベルニナアルプスに囲まれたリゾート地、サンモリッツから観光スタート!
ロープウェイで、標高2,984mにあるディアボレッツァ展望台へ。4,000m級の山々と氷河が目の前に広がり、大自然の迫力に皆様圧倒されているご様子。下山後、世界遺産ベルニナ鉄道に乗車し、お隣の国、イタリアのティラーノへ。標高差を克服するために作られたブルージオ橋では、皆様一斉にカメラを構えていらっしゃいました。
到着後、サンモリッツヘ戻ります。連泊が続くので、毎日荷物整理をする必要がなく楽です♪

  • イメージ
    ベルニナ鉄道(イメージ)
  • イメージ
    ベルニナアルプス観光(イメージ)

このページの先頭へ

3日目氷河特急乗車

スイスで一番有名な観光列車、氷河特急に乗車。ゆっくりと車窓からの景色を楽しみながら、交通の要所、アンデルマットを目指します。途中、世界遺産のランドバッサー橋も渡ります。
アンデルマットに到着後、ミシャベル連峰の麓町、サースフェーへ。スイス最高峰のドム山やフェー氷河など、素朴な街並みと相まって素敵な景観をご覧頂きました。本日よりマッターホルンの麓町、ツェルマットにて2連泊です。

クラブツーリズムのこだわり
サンモリッツからアンデルマットまで約5時間の列車の旅。ご昼食は氷河特急内にてお召し上がりいただきます!次々と現われるアルプスの景色を眺めながらのお食事は格別です♪
  • イメージ
    氷河特急(イメージ)
  • イメージ
    サースフェー(イメージ)

このページの先頭へ

4日目マッターホルン観光

朝焼けに染まるマッターホルンを見るチャンス!皆様早起きをして、日の出を待ちます。空がだんだん明るくなり、マッターホルンの先端が真っ赤に染まった瞬間、おもわず「わーっ!」と歓声が沸きあがりました!
朝食後、マッターホルン観光へ出発。アプト式ラックレールを用いた、100年以上の歴史を持つゴルナーグラート鉄道に乗車すること約30分。マッターホルンがどんどん間近に迫ってきます。
終点の標高3,089mにあるゴルナーグラート展望台からは、マッターホルンはもちろん、モンテローザなど標高4,000m級の山々が360度広がります。
眺望を楽しんだ後は、下山途中のローテンボーデン駅にて電車を降り、お散歩ハイキングスタート!約1時間30分の道のりは緩やかな下り坂中心なので、普段ハイキングをされない方でも気軽にお楽しみいただけます。途中に出会う高山植物や、湖に写る逆さマッターホルンに、気分も高まります♪
午後は嬉しい自由行動。クラブツーリズム・オリジナルマップを片手に、ショッピングや散策を楽しんでいました。

クラブツーリズムのこだわり
ツェルマットの街はとても小さいため、ホテルを一歩出ると、町のいたる所からマッターホルンを見ることができます。これだけの大自然の中に宿泊するのに、1泊だけではもったいない!ということで、クラブツーリズムでは多くのツアーで、ツェルマットに2連泊し、大自然の中でゆっくりとお過ごしいただきます。朝焼けに染まるマッターホルンを見るチャンスが2回あるのもポイントです!
  • イメージ
    朝焼けに染まるマッターホルン(イメージ)
  • イメージ
    ゴルナーグラート展望台(イメージ)

このページの先頭へ

5日目モンブラン観光・ローザンヌ宿泊

国境を越えてフランス・シャモニーへ。ヨーロッパ最高峰、モンブラン観光スタート!ロープウェイを乗り継ぐこと約30分、標高3,842mのエギーユ・デュ・ミディ展望台に到着しました。手の届きそうなほど間近にそびえるアルプスの女王、モンブランの美景に、皆様夢中でお写真を撮られていました。
その後、レマン湖畔のほとりのローザンヌへ。フレンチスイスの優雅なリゾート地にご宿泊いただきます。

クラブツーリズムのこだわり
ツアーも中盤に差し掛かり、慣れないヨーロッパでのご旅行に胃が疲れてくるタイミング。
5日目のご昼食はホッとする和食料理をご用意いたします♪

イメージ
モンブラン観光(イメージ)

このページの先頭へ

6日目ゴールデンパスライン乗車・ベルン観光

本日はフレンチスイスの観光!
ゴールデンパスラインに乗車し、世界遺産に登録されているラヴォー地区とレマン湖の景色を眺めながら、シャトーデーへ。車窓から望む牧歌的な風景にアルプスを感じます。
その後、チーズで有名なグリュイエールの村を散策♪数分で歩ける村のメインストリートには、かわいいお店やレストランが並びます。名物ラクレットのお食事も楽しみ!
スイスの首都、ベルンの旧市街へもご案内!都会の雰囲気と昔ながらの街並みを併せ持ち、世界遺産にも登録されています。

  • イメージ
    ゴールデンパスライン
    (イメージ)
  • イメージ
    チーズの故郷グリュイエール
    (イメージ)

このページの先頭へ

7日目ユングフラウ観光(1)

ご旅行もいよいよ終盤!クライマックスは湖とアルプスの美しいエリア、ユングフラウ地方です。
まずはロートホルンブリエンツ鉄道に乗車し、頂上の展望台へ。頂上からは、エメラルド色に輝くブリエンツ湖とインターラーケン、ユングフラウの山々が一望できます。さらに、山頂レストランにてご昼食をお召し上がりいただきます。
下山後、ブリエンツ湖のクルーズにもご案内。爽やかな陽気もあいまって、皆様デッキからの景色を楽しんでいらっしゃいました。

  • イメージ
    ユングフラウ地方観光(イメージ)
  • イメージ
    SL列車(イメージ)

このページの先頭へ

8日目ユングフラウ観光(2)

目指すはヨーロッパ最高峰の鉄道駅、ユングフラウヨッホにあるスフィンクス展望台!アイガー山中を貫くトンネルを抜けると、麓町から見上げた絶景の中!世界遺産アレッチ氷河や、ユングフラウ本峰やメンヒ山頂の眺望は圧巻です!氷の宮殿や雪原などの貴重な体験も。
その後、アイガーグレッチャー駅からお散歩ハイキングへ。スイスの名花と言われるアルペンローゼやエンツィアンなど、高山植物の数々を現地ガイドと一緒にご覧いただきました。
こちらのハイキングコースも下り坂中心のため、気軽に歩いていただくことができます。
最後のご夕食は名物のチーズフォンデュに舌づつみ。

  • イメージ
    ユングフラウ観光
    <スフィンクス展望台>
    (イメージ)
  • イメージ
    アイガーの麓町
    グリンデルワルト2連泊
    (イメージ)

このページの先頭へ

9・10日目空路 成田へ

あっという間に帰国日になりました。チューリッヒ空港から、スイスインターナショナルエアラインズ直行便を利用し成田空港へ。長旅お疲れ様でした♪

コース番号16050:決定版!スイス周遊プラチナルート10日間

▲スイス旅行・ツアー・観光 旅日記の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員