クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパイタリア旅行・ツアー観光地情報

観光地情報

イメージ

  • ロンバルディア州〜ミラノ〜
  • ヴェネト州〜べローナ・ベニス〜
  • トスカーナ州〜フィレンツェ・ピサ・シエナほか〜
  • ラツィオ州・ウンブリア州〜ローマ・アッシジほか〜
  • カンパニア州〜ナポリ・ポンペイ・カプリ島・アマルフィ〜
  • プーリア州〜アルベロベッロ・マテーラ〜
  • シチリア島〜パレルモ・タオルミーナ・アグリジェント〜
  • ドロミテ地方

ロンバルディア州

ミラノ Milano

北イタリア最大の都市ミラノには何百年もの歴史に培われてきた建築物や芸術作品群が残っています。
また、世界でも最先端のファッションの都であることでも有名な、歴史と現代が混在するイタリアを代表する街です。

ドゥオモ(イメージ)ドゥオモ(イメージ)

ミラノを代表する建築物のドゥオモ。ゴシック建築の大傑作で、135本もの尖塔が天まで届きそうに延びています。今まで見てきたドゥオモとは似ても似つかない、見るものを圧倒する佇まいです。

エマニュエル2世アーケード(イメージ)エマニュエル2世アーケード(イメージ)

天井付近の絵画やモザイク模様が美しいヴィットリオ・エマヌエール2世のアーケードにはカフェやレストラン、ブランドショップなどが立ち並ぶミラノらしいアーケードです。

【ミラノ名物 ミラノ風カツレツ】仔牛肉を薄くのばしてかりっとオリーブオイルで揚げたカツレツ。レモンをふりかけてお召し上がりください。

最後の晩餐(イメージ)最後の晩餐(イメージ)

最後の晩餐

レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作「最後の晩餐」は、サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会付属の食堂庫に描かれている壁画です。その大きさは、なんと420×910cmで、教会内の食堂の壁に描かれています。1498年に完成し、それから500年以上経った現在でも、修復を重ねながら私たちに感動を与えてくれています。

鑑賞方法

とても貴重な作品なだけに、チケットの確保が難しいことでも有名。ぜひ現地に行って実際にご覧いただきたい芸術作品です。
壁画が傷むのを防ぐため、一度に入れるのは25名まで、鑑賞時間が15分間のみとなっております。さらに、『最後の晩餐』がある部屋に入るまでにいくつかの部屋を経由する必要があります。空気や人の息で絵が傷んでしまうのを防ぐためです。そしてようやく『最後の晩餐』のある、小学校のプール程の大きさの部屋に辿り着くのです。それだけ貴重な『最後の晩餐』をひと目見ようと、世界中から多くの観光客が予約をします。旅行会社も予約を取るに一苦労…しかしその迫力は一見の価値ありです!
イタリアへ行くなら是非『最後の晩餐』を見に行きましょう!

鑑賞コースはこちら

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

ヴェネト州

ベニス Venice

サンマルコ広場(イメージ)サンマルコ広場(イメージ)

運河に囲まれたまるで迷路のような街、水の都“ベニス。憧れの街として世界中から人が訪れます。ベニスの象徴でもあるサンマルコ広場には、モザイクが美しいサンマルコ寺院や老舗カフェが並び、常に観光客で賑わっています。迷路のような街を進めば、運河を一望できるリアルト橋にたどり着けます。

ベネチアならではのゴンドラ遊覧もお楽しみいただけます♪リアルト橋(イメージ)リアルト橋(イメージ)

【ベニス名物 イカ墨パスタ】海の幸が自慢のベニスの名物。真っ黒なパスタは大人気です。

この観光地へ行くツアーはこちら

ベローナ Verona

ジュリエットの家(イメージ)ジュリエットの家(イメージ)

ジュリエットの銅像(イメージ)ジュリエットの銅像(イメージ)

円形闘技場(イメージ)円形闘技場(イメージ)

「アディジェ川」が街の中央をS字型に流れる古都。
シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台となった愛の街でもあります。
そのジュリエットの家のほか、1世紀からほぼ完全な形で残されている円形闘技場やスカラ家の廟、ブランド品や小物などのお店がある目抜き通りもお楽しみいただけます。

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

トスカーナ州

フィレンツェ Firenze

フィレンツェ(イメージ)ミケランジェロ広場から見るフィレンツェの街並み(イメージ)

ルネッサンスの栄光が今も残る「花の都」フィレンツェ。中世イタリアの栄光時代の姿が現在でも街に残り、多くの芸術家を輩出したまるで美術館のような街は今も世界中の人々を魅了し続けています。
ルネッサンス時代の絵画が多数並ぶウフィッツィ美術館は、時代の中心メディチ家の財力を結集したイタリアを代表する美術館のひとつとなっています。
オレンジ色の丸い大きな屋根が特徴のドゥオモは170年以上かけて建設された象徴する建物です。

花の聖母教会(イメージ)花の聖母教会(イメージ)

【フィレンツェ名物 ビステッカ・デ・フィオレンティーナ】フィレンツェ風骨付ステーキ。トスカーナの赤ワインとご一緒に。

この観光地へ行くツアーはこちら

ピサ Pisa

奇跡の広場(イメージ)奇跡の広場(イメージ)

斜塔で有名なピサは、今ではイタリアの象徴と言っても過言ではありません。
斜塔があるドゥオモ広場は、斜塔の他にもドゥオモや洗礼堂が並んでいます。
斜塔の傾斜は地盤沈下によるもので、現在でも傾き続けています。
よーく見ると実はバナナのような形に曲がっています。
ぜひ皆様の目で実際に確かめてみてください。
こんなおもしろ写真も撮れる!!

ピサの斜塔(イメージ)ピサの斜塔(イメージ)

この観光地へ行くツアーはこちら

  • オルチャ渓谷 Orcia

    オルチャ渓谷(イメージ)オルチャ渓谷(イメージ)

    美しい田園風景が広がるオルチャ渓谷は世界遺産に登録されています。バスから見える風景を楽しんでいただけます。

    この観光地へ行くツアーはこちら

  • サンジミニャーノ San Gimignano

    サンジミニャーノ(イメージ)サンジミニャーノ(イメージ)

    「美しき塔の街」と呼ばれるサンジミニャーノ。中世の雰囲気が漂う街並みにいくつもの塔がそびえています。城壁に囲まれた南北1km、東西500mほどの小さな街で、カフェや可愛らしいお土産屋さんで散策をお楽しみください。

    この観光地へ行くツアーはこちら

イメージ(イメージ)

農園風レストラン「アグリツーリズモ」

アグリツーリズモ( AGRITURISMO )とは、“アグリクルトゥーラ”=農業と“ツーリズモ”=観光をつなげた言葉で、農場が営む旅行者向けのレストラン(または宿泊施設)のことです。のどかな田園風景と田舎の食事をご堪能ください♪

イメージ(イメージ)

イメージ(イメージ)

  • シエナ Siena

    カンポ広場(イメージ)カンポ広場(イメージ)

    トスカーナの古都シエナ。まるで中世にタイムスリップしたかのような雰囲気のある素敵な街。中心にある貝殻の形をしたカンポ広場は「世界一美しい広場」とも言われています。カンポ広場は、“パリオ”という乗馬レースが行われることでも有名です。

    この観光地へ行くツアーはこちら

  • チンクエテッレ Cinque Terre

    チンクエテッレ(イメージ)チンクエテッレ(イメージ)

    イタリア語で「5つの村」を意味するチンクエ・テッレ。その名の通り、リヴィエラ海岸沿いに寄り添うようにできた、モンテロッソ、ヴェルナッツァ、コルニリア、リオマッジョーレ、マナローラの5つの村の総称です。切り立った断崖に張り付くように立ち並ぶカラフルな家々は絵本に出てきそうな景観です。

    この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

ラツィオ州・ウンブリア州

ローマ Roma

コロッセオ(イメージ)コロッセオ(イメージ)

真実の口(イメージ)真実の口(イメージ)

スペイン広場(イメージ)スペイン広場(イメージ)

トレビの泉(イメージ)トレビの泉(イメージ)

街全体が世界遺産の永遠の都、ローマ。古代ローマ時代からタイムスリップしたように残るコロッセオや、映画舞台でも有名なスペイン広場、トレビの泉など見所はたくさん!まさに世界遺産数世界一のイタリアを象徴するような街です。

この観光地へ行くツアーはこちら

バチカン市国 Vaticano

サンピエトロ寺院(イメージ)サンピエトロ寺院(イメージ)

バチカン美術館(イメージ)バチカン美術館(イメージ)

最後の審判(ミケランジェロ)(イメージ)最後の審判(ミケランジェロ)(イメージ)

最後の審判(ミケランジェロ)

バチカン美術館内のシスティーナ礼拝堂に描かれたミケランジェロの代表作。
イエス・キリストが、死者に裁きを行い、天国へ行く者と地獄に墜ちる者とに分ける場面。個人の描いた絵画作品としては史上最大で、実際にご覧いただくとその迫力に圧倒されます。

鑑賞コースはこちら

世界最小の独立国家のバチカン市国
カトリックの総本山である世界最大の教会、サンピエトロ大聖堂があります。
バチカン美術館に隣接するシスティーナ礼拝堂にはミケランジェロの『最後の審判』が描かれています。これを見ずして帰れません。

【ローマ名物 ピザ】ローマ風ピザはサクッとした軽い口当たりが特徴です。【ローマ名物 ティラミス】有名なティラミスも実はイタリア生まれのチーズケーキの一種。

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

カンパニア州

  • ナポリ Napoli

    ナポリ(イメージ)ナポリ(イメージ)

    数々の支配の下、苦難の歴史を歩んで来た南部最大の都市ナポリ。雄大なベスビオ山を望むナポリは、「ナポリを見てから死ね」という諺があるように風光明媚な街として知られています。ここからカプリ島への船が出発となります。

    この観光地へ行くツアーはこちら

  • ポンペイ Pompei

    ポンペイ(イメージ)ポンペイ(イメージ)

    79年、ベスビオ火山の大噴火により一瞬にして灰に埋もれた街。遺跡の中には、神殿、居酒屋、パン屋、劇場など、一瞬にして埋もれたからこそ当時の人々の暮らしがそのまま残っています。

    この観光地へ行くツアーはこちら

【ナポリ名物 ピザ】ナポリ風ピザはミミがあり、モチッとした弾力と厚みのある生地が特徴です。【ナポリ名物 カルツォーネ】ピザと同じ材料のものを三日月型に折りたたんで焼いたカルツォーネも美味しいです♪

カプリ島 Capri

カプリ島(イメージ)カプリ島(イメージ)

イタリアの人気リゾート地カプリ島は、人気スポット『青の洞窟』でも有名です。大きさわずか1m程の入口から入る青の洞窟は、太陽の光によって海水が鮮やかな青に輝き、その幻想的な光景は一生目に焼きつくことでしょう。

この観光地へ行くツアーはこちら

アマルフィ Amalfi

アマルフィ海岸(イメージ)アマルフィ海岸(イメージ)

ドゥオモ(イメージ)ドゥオモ(イメージ)

美しい海岸線と色鮮やかな家々が続く海岸線のアマルフィ海岸は、世界遺産に登録されています。世界でも人気の別荘地としても有名で、アマルフィ海岸線沿いの小さな町アマルフィは、かわいいお土産屋やカフェが並び、ゆったり過ごすのにオススメです。

イメージ

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

プーリア州

アルベロベッロ Alberobello

アルベロベッロ(イメージ)アルベロベッロ(イメージ)

トゥルッリというとんがり屋根の白い家々が続くアルベロベッロは、かわいらしい町として最近人気が出てきた南イタリアの小さな町です。絵本の中のような町並みの散策をお楽しみください。

アルベロベッロ(イメージ) トゥルッリ(イメージ)

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

シチリア島

パレルモ Palermo

イメージ(イメージ)

イメージ(イメージ)

独自の国際色豊かな文化を生み出した中世シチリア王国の古都でもあり、シチリア島最大の街。作家ゲーテ「世界で最も美しいイスラムの街」といわれるようにアラブ・ノルマン様式と呼ばれるノルマン時代の遺構が一番の見所で、様々な文化が入り混じる独特の雰囲気を持った街です。

この観光地へ行くツアーはこちら

タオルミーナ Taormina

遺跡(イメージ)遺跡(イメージ)

タオルミーナの街並み(イメージ)タオルミーナの街並み(イメージ)

シチリアの中でもリゾート地として有名な街、タオルミーナ。エトナ山を望む広場やかわいい町並みも魅力ですが、かつて古代ギリシャ及びローマの支配下にあったために残っているギリシャ劇場も必見です。

この観光地へ行くツアーはこちら

アグリジェント Agrigento

アグリジェント(イメージ)アグリジェント(イメージ)

町周辺の小高い丘には20あまりの神殿があり、その中でも有名な「神殿の谷」では、ヨーロッパでも保存状態の良いギリシャ遺跡が残っています。イメージ

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

ドロミテ地方

ドロミテ Dolomiti

サンタマッダレーナ村(イメージ)サンタマッダレーナ村(イメージ)

ドロミテ街道とは、北イタリアドロミテ山塊の中でも絶景が続く、ボルツァーノからコルティナ・ダンペッツォをつなぐ区間。山間の可愛らしい村から迫力の山並みまで変化に富んだ景色が続きます。イメージ

カレッツア湖(イメージ)カレッツア湖(イメージ)

トレチーメ(イメージ)トレチーメ(イメージ)

ミズリーナ湖(イメージ)ミズリーナ湖(イメージ)

この観光地へ行くツアーはこちら

アオスタ Aosta

チェルビーノ(イメージ)チェルビーノ(イメージ)

正式名称はヴァッレ・ダオスタ州といい、イタリア北西部にあるイタリアで最も小さな自治州。モンテ・チェルヴィーノ(マッターホルン)やモンテ・ビアンコ(モンブラン)などの山々に囲まれた自然あふれる地域です。イメージピラ(イメージ)

この観光地へ行くツアーはこちら

イタリア旅行・ツアーの観光地情報なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。ミラノ、フィレンツェ、ローマ、ベネツィアなどの観光地や、おすすめのイタリア旅行・ツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲イタリア旅行・ツアー 観光地情報の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員