クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパクロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光よくあるご質問

  • クロアチア・スロベニア特集
  • ブルガリア・ルーマニア特集
  • バルカン半島特集

よくあるご質問〜クロアチア・スロベニア編〜

Q.気候と旅行中の服装は?

各都市間で気温差がございます。内陸部大陸性気候で夏は暑く乾燥し、冬は寒冷で湿度があり雪も降ります。
山岳部は夏はさわやかですが、冬は寒さが厳しく、多雪にみまわれます。海岸部は地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は穏やかでほとんど雪は降りません。観光中は、一部足場の悪いところがあったり、石畳みの旧市街徒歩観光などが多くなりますので、歩きやすい靴と服装でご参加ください。

気温と降水量

このページの先頭へ

Q.ツアーでの飛行機やバスの移動時間はどれくらい?出入国の書類は必要?

基本的に乗継便となります。
飛行時間としては、ヨーロッパの乗継空港まで10〜12時間ほど、乗継地からクロアチア・スロベニアの空港まで3〜5時間ほどかかります。またクロアチア・スロベニアへの入国に際して、ビザや出入国の書類は不要です。
クロアチア・スロベニア国内の観光は、バス移動が中心となります。クロアチア・スロベニアを合わせると南北に大変長いため、移動時間も長くなります。なお、バスでの移動中には約2時間〜2時間半おきにお手洗い休憩をお取りしますのでご安心ください。またクロアチア・スロベニアでは国内線利用などを含んだツアーもあります。移動時間が気になる方はこのような交通機関を利用するツアーもご検討ください。
※ツアーによっては、イタリアかオーストリアから入国・出国となる場合があります。

イメージ

このページの先頭へ

Q.ホテルはどんなところ?

ご存知の通り、旧ユーゴスラビアに所属していた国が多く、内戦も経験したため観光地化されて間もないこともあり、ホテルの数が少なく、近郊都市泊となる場合がございます。また地域柄、バスタブなしでシャワーの部屋、空調設備のないお部屋、グループ内でお部屋の大きさや景観が異なる場合がございます。
お部屋の備え付けのアメニティに関しては、シャンプー・石鹸・タオルはほとんどのホテルにございます。一方でパジャマ・スリッパ・歯ブラシ・ポット・髭剃りなどは、ほとんどの場合ございません。またドライヤーは備え付けてあるホテルがほとんどですが、ない場合もございます。必要な洗面具などはご自宅からお持ちくださいますようお願いします。

イメージ

このページの先頭へ

Q.お水は飲める?

お水は石灰分が多い「硬水」です。一方で、私たち日本人が普段飲んでいるのは「軟水」です。そのため、歯磨きや洗顔に使う分には問題ありませんが、水道水を飲むとお腹をこわしてしまうことがございます。お水を飲まれる際には、ペットボトルに入ったミネラルウォーターをお買い求めください。バスのドライバーさんが用意していることもございますし、街中のお店やお手洗い休憩で寄るサービスエリアなどでも売っております。なお、ミネラルウォーターにはガス入りのお水とガスなしのお水がございますのでご注意ください。

イメージ

このページの先頭へ

Q.旅行での両替は?

コソヴォ・モンテネグロ・スロベニアの通貨はユーロですが、それ以外の国々の通貨は現地通貨です。
ユーロの両替は日本出発までにお済ませいただきますが、その他の通貨への両替は現地にてご案内いたします。クロアチアに関しましてはザグレブやスプリット、ドゥブロヴニクなど大都市であれば日本円からの両替も可能ですが、小都市ではユーロからの両替しかできない場所もございます。クロアチア以外の国ではユーロから現地通貨へ両替いたします。またほとんどの国ではユーロのままで支払いをできるところも多いですので、ユーロを多めにご用意ください。一日あたりお一人2,000円+お土産代が目安です。ツアー中にお支払いいただくチップは、主に枕チップとトイレチップです。枕チップは一晩お一人につき1ユーロが目安です。お気持ち程度に枕元に置いておきましょう。トイレチップはトイレを利用する際のチップです。50セント〜1ユーロが目安です。

イメージ

このページの先頭へ

Q.治安が心配…。

内戦を経験した国々でも、今ではすっかり平和な国となり、治安などをご心配いただくことはありません。
しかし観光地や繁華街、レストラン、マーケットなどの人が集まる地域での置き引き、ひったくり、スリなどの被害が増えております。朝食会場で席をとるために置いていたカバン、食事中に足元に置いていカバンが無くなるというケースもあります。貴重品の管理には十分ご注意ください。特にパスポートは貴重品袋をお使いいただくなど、肌身離さずお持ちいただきますようお願いします。

イメージ

このページの先頭へ

Q.おすすめのお食事は?

アドリア海に面している国々では、シーフード料理が有名です。イタリア料理にも近く、日本人の味覚によく合います。ピザやパスタもよく食べます。
スロベニアは、オーストリアかハンガリーに近い料理です。その他、バルカン半島の国々はトルコに支配されていた歴史があり、トルコの影響を受けた料理をお召しあがりいただけます。

  • イメージ
    イカのグリル(イメージ)
  • イメージ
    シーフードリゾット(イメージ)

クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光のよくあるご質問なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。各国の観光地情報、おすすめのツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光 よくあるご質問の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員