クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパ中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー・スロバキア・ポーランド)旅行・ツアーポーランド

ポーランド

基本情報

マップ

  • ワルシャワ
  • ヴロツワフ
  • チェンストホーヴァ
  • ザモシチ
  • クラクフ
  • アウシュヴィッツ
  • ヴィエリチカ
  • グダンスク
  • ジェラゾヴァ・ボーラ
  • ワルシャワ
  • ヴロツワフ
  • チェンストホーヴァ
  • ザモシチ
  • クラクフ
  • アウシュヴィッツ
  • ヴィエリチカ
  • カルヴァリア・セブジドフスカ
  • バルト3国特集

このページの先頭へ

ポーランド おすすめツアー

このページの先頭へ

ポーランド 観光地情報

ワルシャワ

王宮広場(イメージ)
王宮広場(イメージ)

古い町並みが魅力のワルシャワは、1596年にクラクフから遷都されて以来発展を遂げ、「北のパリ」と呼ばれる洗練された美しい街です。 第二次世界大戦末期にはドイツ占領軍に対して市民が一斉蜂起したことによって、20万人以上の人々が犠牲となり、ほとんどの建造物も跡形もなく破壊されましたが、大戦終了後、ワルシャワ市民たちが出来る限り元通りに復元し、現在も中世の古い町並みをごらんいただくことができます。過去の絵や写真はもちろん、生き残った住民の記憶を総動員して、「壁のひび一本にいたるまで」を目標に忠実に再現しました。

  • 聖十字架教会(イメージ)
    聖十字架教会(イメージ) 聖十字架教会はショパンにゆかりが深く、本堂内部に入って左手手前にある石柱の下にはショパンの心臓が埋められています。
  • ワジェンキ公園(イメージ)
    ワジェンキ公園(イメージ) ワルシャワ市民の憩いの場、美しいワジェンキ公園です。しだれ柳の傍らに腰掛けるショパンの像があります。
    春から夏にかけてはバラなどの花が綺麗に咲き、秋には周りの木々が黄色に色づく、四季折々美しい姿を持つ公園です。
  • ショパン博物館(イメージ)
    ショパン博物館(イメージ) ショパン生誕100周年にあたる2010年に近代的な博物館にリニューアルしました。最後に使用したピアノや直筆の譜面なども展示されています。

馬車(イメージ)
馬車(イメージ)

ワルシャワ、クラクフなど大きい街では観光用の馬車があります。馬車に乗りながら中世時代へタイムスリップしてみては?

ピアノコンサート(イメージ)
ピアノコンサート(イメージ)

ワルシャワにはショパンを象徴するものが点在します。ピアノコンサートを鑑賞し、よりショパンを身近に感じることができるでしょう。

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

クラクフ

織物会館(イメージ)
織物会館(イメージ)

ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランドの首都でした。他の都市と違いクラクフは第2次世界大戦中ほとんど物理的打撃を受けず、その壮麗な地域はユネスコの世界文化遺産にも指定されています。

旧市街広場(イメージ)
旧市街広場(イメージ)

ポーランド古都クラクフは1978年に世界遺産に認定されました。実は、街として世界遺産に登録された世界最初の街です。
14世紀には生地や衣服の交易所として栄えていおり、当時はヨーロッパ最大の広場でした。

聖マリア教会(イメージ)
聖マリア教会(イメージ)

聖マリア教会は1222年に作られたゴシック様式の教会です。その昔、モンゴル軍により、この教会の塔の上からラッパを吹き鳴らしたラッパ手が喉を射抜かれたという悲劇の伝説があります。現在は1時間ごとに時を告げるラッパの音が鳴り響いています。

バベル城(イメージ)
バベル城(イメージ)

クラクフの旧市街の南、ヴィスワ川のほとりにそびえたつバベル城は、1320年にゴシック様式で着工されてから数世紀にわたって歴代の王の手で増改築が続けられました。ルネッサンス方式やバロック様式が加えられて建設された大聖堂などがあります。

白テン(イメージ)白テン(イメージ)

レオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画「白テンを抱く貴婦人」はダ・ヴィンチ作の中でも希少な女性肖像画のひとつとして人気を博しています。 バベル城内の特別展示室またはチャルトリスキ美術館に展示されています。

この観光地へ行くツアーはこちら

このページの先頭へ

まだまだ見逃せない中世ロマンあふれるポーランドの観光地

ヴィエリチカ

ヴィエリチカ(イメージ)
ヴィエリチカ(イメージ)
ヴィエリチカ(イメージ)ヴィエリチカ(イメージ)

古都クラクフの南東約15kmのところにある小さな町。この町の地下には、1250年頃から1950年代まで稼動していた、世界有数の規模の岩塩採掘場が広がっています。1978年に世界遺産に登録された、世界最古の岩塩鉱山のひとつです。

この観光地へ行くツアーはこちら

アウシュヴィッツ(オシフィエンチム)

イメージ
(イメージ)
イメージ
(イメージ)

「オシフィエンチム」というのはポーランド語の地名で、ドイツ語では、 「アウシュヴィッツ」。
アウシュヴィッツは第2次世界大戦中、反ユダヤ主義を掲げるアドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツの手で、1940年に建設されました。ここでは、150万人以上の人々が犠牲になったと言われ、負の世界遺産として1979年に登録されました。

この観光地へ行くツアーはこちら

チェンストホーヴァ

イメージ(イメージ)

ポーランドカトリックの総本山です。『ヤスナ・グラ』 とは「ヤスナ」が「澄んだ・明るい」という意味で、「グラ」が「丘・山」という意味を持ち、一般的には「澄んだ丘」と言う意味です。ヤスナグラ修道院には聖母像「黒いマドンナ」が収蔵されています。

この観光地へ行くツアーはこちら

カルヴァリア・セブジドフスカ

イメージ
(イメージ)

ポーランドでチェンストホーヴァに次ぐカトリックの巡礼地。17世紀初めに建てられた礼拝堂などがあり、年間約100万人の人が祈りに訪れます。特にイースターの時期にはたくさんの人が集まり祈りを捧げます。

この観光地へ行くツアーはこちら

ジェラゾヴァ・ボーラ

イメージ
(イメージ)

ピアノの詩人と讃えられ、ポーランドの民俗音楽を数々の洗練されたピアノ曲として生まれ変わらせたフレデリックショパンの生地です。ポプラ並木の続く公園の中にショパンの生家が残されています。
※2015年3月頃まで休業

この観光地へ行くツアーはこちら

ザモシチ

イメージ
(イメージ)

ポーランド南東部に位置し、バルト海とロシアを結ぶ交易路として栄えました。
東欧で最初のイタリア・ルネサンス様式で造られた町で、広場を中心にカラフルで美しい家々が並ぶ風景が当時のまま残されています。

この観光地へ行くツアーはこちら

グダンスク

イメージ
(イメージ)

バルト海沿岸に位置するポーランドで最も美しい町の1つと言われ、ポーランドが世界に誇る文化・歴史・観光の一大拠点。華やかな街並みである一方、激動の歴史を歩んできた側面ももっています。

この観光地へ行くツアーはこちら

ヴロツワフ

イメージ
(イメージ)

ポーランドの南西部に位置するヴロツワフ。歴史上様々な国の支配下におかれ、1945年まではドイツの一部でもありました。カラフルな建物が並ぶ旧市街広場、市内30ヶ所にいる小人の銅像など魅力あふれる建造物をみることができます。

この観光地へ行くツアーはこちら

バルト3国

バルト3国特集

異国の文化や雰囲気を色濃く残すノスタルジックな魅力の多い国々。
ポーランドと組み合わせたツアーも多く取り揃えております。

オーストリア、チェコ、ハンガリー、スロバキア、ポーランドなどの中欧をめぐる旅行・ツアーのポーランドの観光地情報ならクラブツーリズムにおまかせください。様々な民族間の摩擦や他国の支配を受けながら歴史を刻み、自国のアイデンティティーを守るため独自の文化を生んできた中欧。まるでモザイク画のような多彩な魅力溢れる中欧の美しい街並みをぜひご覧ください。

▲中欧旅行・ツアー ポーランドの先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員