クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行北海道登別温泉

日本全国温泉特集

のぼりべつおんせん

登別温泉

(北海道登別市)

登別温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの登別温泉ツアーがおすすめ!登別温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

登別温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
慢性気管支炎、動脈硬化症、慢性皮膚病、神経痛、腰痛、冷え性、慢性皮膚疾患、粘膜の炎症、水虫、じんましん、高血圧症、外傷、貧血症、慢性湿疹、皮膚病、切り傷、リウマチ、更年期障害
泉質:
硫黄泉、ナトリウム−塩化物泉、含アルミニウム泉、ナトリウム−硫酸塩泉、鉄泉、酸性鉄泉、ナトリウム−炭酸水素塩泉、ラジウム泉

観光地情報

火口跡の地獄巡りやカルデラの倶多楽湖、江戸時代を再現した登別伊達時代村、のぼりべつクマ牧場等が人気。

おすすめポイント

泉質が9種もある「温泉のデパート」。「登別地獄谷の湯けむり」は、環境省の「かおり風景100選」のひとつ。

※この地図は「登別観光会館」を示しております

  • 温泉の名物

    品揃え豊富な「湯鬼神」のお土産

    湯の守り神「湯鬼神」として登別東IC出口に立つ高さ18mの歓迎鬼像や、温泉街の湯かけ鬼蔵、念仏鬼像たち。これら鬼のグッズが、土産品として評判となっている。昔と変わらぬデザインのロングセラー「鬼の手形」や、「鬼の目にも涙」などと書かれた「鬼ことわざ缶バッジ」、渋い「和タペストリー」、定番のストラップなどなど。なかでも、大・小2種類のサイズで4色選べる鬼の金棒「ねがいがかなう棒」は、女子高生たちに大人気だ。

  • 温泉のあれこれ

    アイヌの人たちに愛された歴史ある薬湯

    古くからアイヌの人たちに薬湯として親しまれ、1845年には北海道の名付け親、松浦武四郎が訪れてその魅力をつづり、後には湯治の祖、滝本金蔵が温泉宿を建て道を整備し、今の基礎を築く。その後、日露戦争の傷病兵の保養地に指定され全国にその名が広まった。ここの地獄谷には、地獄の釜のふたが年に1度開き、赤鬼・青鬼を従えた閻魔大王が温泉街に現れるという言い伝えがあり、それに因む登別最大の祭りが「登別地獄まつり」だ。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

登別温泉の観光地情報はこちらから!登別温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲登別温泉 北海道 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員